Book

最近書き留めてなかったので・・・

「こうふくのみどり」 西 加奈子著

それぞれの女が人知れず抱える
過去と生き様を14歳の少女の目線で
描いていく。
正直面白いかと言われると「ん~」
だけど、私達の世代の子供の頃の
いい物も悪い物もすべてを抱擁する様な
世界観がたまらなく好き
著者は私より10歳も若いんだけどなぁ??

「こうふくのあか」 西 加奈子著

仕事がバリバリ出来る男の
バカだと見下していた妻が
ある日、不倫の子供を身篭る
男の迷いと葛藤を
2039年、プロレスの王者の
闘いと織り交ぜて行く。
リンクしているのかも知れないけど
ちょと無理がある様な。。。

「少女」 湊かなえ著

人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った少女と
死体を見たら、死を悟る事が出来強くなれると思った少女
すれ違っていた二人は友情を取り戻していく。
最後は大団円かと思いきや・・・
少女とは残酷な生き物である

d0165741_1630282.jpg


5/12 自宅 K-r

娘っちが母の日のプレを買って来てくれました♪♪
[PR]

by sakura51136 | 2013-05-12 16:32 | アクセサリー