寒い!!

d0165741_15511439.jpg


d0165741_15513382.jpg


d0165741_155150100.jpg


d0165741_1552678.jpg


7/24 三笠

今日は雨で本州のヒトに言ったら
怒られそうだが・・・・・
「窓開けてたら寒いっ!!」 ×w(゚ー゚;)w

「通天閣」 西 加奈子 著

中年男性と若い女の子の交互の物語。
毎日、見た夢と寒い朝から一日の物語が始まり、
知らず、知らずに交錯する。

「夢に向かって頑張っていないと駄目なのか、
何かを作っていないと駄目なのか。中略
マメのことだけを思って眠る生活をしている私は、
駄目なのか。『きらきらと輝いて』いないのか。」
この科白は、この小説が描いている人々の
どうしょうもない有様を代弁しているようでもある。(解説より)

通天閣がどう言う場所にあるのか知らない。
でも札幌のテレビ塔とは違って
生活の中にあり、普通の人々の普通の生活を見守っている
様な気がする。。。。

「そこのみにて光輝く」 佐藤 泰志 著

函館が舞台
弟の拓児との偶然の出会いから、
夜の仕事をしていた
姉の千夏と知り合いやがて結婚して
子供をもうける達夫。
幾つかの出会いの中、無気力、曖昧に
生きていた場所から、ほんとうに生きる場所
へと進んでいく。

海が彼を真底なだめたり、癒したりするとは思わなかった。
美しい光景に期待するものはなにもない。
腐るものは腐る。
達夫はただひたすら泳ぎたかった。(本文より)

かなりぼかして書いてるが・・・・(笑)
映画化されていて、どんな仕上がり
になってるのか気になる
[PR]

by sakura51136 | 2014-07-27 16:29 | 写真